ある日の出来事

品格

水曜日から3日間ほど出かけてきました。飛行機の中で ”国家の品格” 藤原正彦著を読みました。なかなか賛成できる考えが多いと思いました。合理主義のアメリカの中で生き抜くために、どのように日本人の強みを出すか、自分の個性を出すかを考える上で興味深い読み物でした。

読み終わった直後の出来事。

着陸態勢に入る時小さいバッグは座席の下に格納しなければなりません。私のバッグは少しばかりはみ出ていました。通りかかったフライトアテンダントは、それを足で蹴って押し込みます。さすが”品格”が違うと思ってしまいました。でも一番怖かったのは、それをあまり不快に思わなくなっている自分だったりして。日本人の心なんてもう忘れてしまったのかな?

プレゼンも無事に終了。それなりに反応がありまずまずといった感じでしょうか。帰ってきてから気づいた事は、過去3年毎年4月27日はインタビューに行っていました。何か縁のある日なのでしょうか?
[PR]
by ny402 | 2006-04-29 10:00 | daily life
<< 日韓友好 presentation >>



小児脳神経外科医が綴る日々雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
profile
名前:
Pedineuro (ny402)
職業:
Pediatric Neurosurgeon


Blogを引越しました。
旧Blogはこちらへ

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧