ある日の出来事

高気圧が居座っているようで流石のシアトルも暑い。連日80F後半の気温だが、湿気がなくまだすごしやすい。

これからの約1ヶ月は我が家の誕生日月間。まず初めは息子の誕生日。彼が生まれた時は、1回目のアメリカ生活から帰国し大学病院のICUをローテーションしていた。生まれる前日は当直していたし、”生まれた”と電話があった時は気管支鏡をやっていた。一緒にベッドサイドにいた人たちから、じゃあ名前はブロンコだななどと言われたのを思い出す。

五体満足で生まれたことや何事もなく生長していく事を有難いと実感するようになり、その頃から子供相手の仕事も悪くはないかと思うようになった気がする。St. Jude Children's Research Hospitalの創設者 Danny Thomasの言葉、
No child should die in the dawn of lifeを夏になると再確認する。
[PR]
by ny402 | 2005-08-01 00:45 | daily life
<< a new family me... ポチっと >>



小児脳神経外科医が綴る日々雑感
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30