ある日の出来事

母 泣く

成人医療が中心の一般市中病院でも、結構小児症例があることは先回紹介しました。最近担当した3例の手術適応症例で、病状説明中に母親が泣いてしまうことが連続してあったので今回はそんな話題を。

特に感動的な話をしている訳でもないし、もちろん怒ったりしている訳でもないのですが患児の母親が泣き始めます。病棟で説明していたので、いつの間にか周りは黒山の人だかり。何だか、悪者は私だけ、って感じ。
この患児たちに共通しているのは、病歴が長い、いわゆる慢性的な疾患であるという事。これまで接した医療者もそれなりの対応をしてきたとは思いますが、病気が慢性化するに従い差し障りのない対応になっていった事は否めません。誰も手術など勧めませんでした。そんな折、この子の20年後のために、などといって手術を勧めたので家族は大変です。

小児脳神経外科医療に対してだけはそれなりに自信がありますから、いつもセカンドオピニオンを聞きに行ってもいいし、他病院で手術してもいいですよとお話しますが、今回の家族は、先生に手術をお願いしますと言ってくれました。その内の1例が昨日手術を終え、手術目的は完了しました。後はこの子がどう育っていくのかを見守るのが楽しみです。
[PR]
by ny402 | 2006-12-21 07:53 | medicine
<< 謹賀新年 2面性 >>



小児脳神経外科医が綴る日々雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30