ある日の出来事

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

システム

これまで何回か触れましたが、アメリカと日本の医療に決定的な差があるとすれば、それはシステムの違いだと考えています。でもどこが違うのか具体的に説明してみろといわれると、困ってしまいます。人を育てるシステム、教育システム、危機管理システムなどたくさんあると思いますが、私の知り限りの2,3の例に触れてみたいと思います。

組織にとって重要なものはいくつかあるでしょうが、その中の一つは人材だと思います。どう確保し、どう育てるのか。脳神経外科のレジデンシーの数は決まっているので、いかにして優秀な人材を確保するかにどのプログラムディレクターも苦心しています。1年の外科インターンの後、脳神経外科レジデントの生活が始まりますが、PGY2,3は主に病棟業務と救急のfirst callを割り当てているプログラムが多いようです。最近では80 hours ruleのおかげでレジデントの人権は守られ、カンファなどの教育的機会に参加する時間が増加しているという報告がありました。
レジデントならそれぞれの学年に応じた目標があり、業務内容が明確に決められています。もちろんAttending、fellow, nurseその他医療関係者それぞれの役割がきちっと決められていて、レジデントが出来る仕事をAttendingがやれば、早く正確に出来上がるでしょうが時間の使い方としては間違っていると考えられています。本来の業務を遂行するためにそれをサポートする人材が確保されているのが特長でしょうか。”人が足りないから、先生患者さんを検査室に迎えに行ってきて”等と言われていた日本を懐かしく思います。
先日、食事をご一緒した人から聞いた話。アメリカの農業界の話なのですが、お役人はお役人の、現場は現場の論理で話をするため温度差が生じうまくいかない事が多いようです。どこの世界も一緒なんだなあ、という感想を持ちました。アメリカではこれをどう解決しているかというと、両者の中間に立つ人を育てているのだといいます。つまり農業の現場出身の、あるいは現場で研修を受けた人がMBAなどを取得し、両者の橋渡しをするとの事でした。最近医療界でも臨床を経験した医師がMBAを取得したりして、病院のマネージメントに参加することが増えてきているようですが、このような人材を確保することがこれからは重要なのではないでしょうか。

システムは医療制度、保険制度、歴史、文化などをどがえしして考えるわけにはいきません。つまり、アメリカのシステムが良いからといってそれをそのまま日本に押し付けてもうまくいきません。社会に溶け込むようどう融合するかが問題です。
[PR]
by ny402 | 2006-07-13 09:00 | medicine

quality

偉そうな事を言える立場ではありませんが、極々私的な経験から言うと日本とアメリカの医療の質に関しては差がない、というのが現在の私の結論です。分野により、また、地域によりバラつきがあるでしょうが、脳神経外科に関する限り同程度のレベルにあり、かつそれは世界的にみるとトップクラスである、といえると思います。
もう一つの結論は、出来る人は出来る、出来ない人は出来ないという事。アメリカでトレーニングを受けたからといって全員が有能なわけではないし、手術がうまいわけではない。教育的観点からすると全体の平均レベルは一定値に落ち着くでしょうが、個人の質に関しては、結局のところその医療関係者個人に帰するということかな、と考えています。手術がうまい人は、細かい所に気を配ると同時に全体的なところも見ています。一方、そうでない人は何時も同じ過ちをおかし、同じcomplicationを作り出します。こういう場面を見ていると、良質のトレーニングは重要だと考えさせられます。もちろんこれは医者に限らず、nurseをはじめ全ての医療関係者に当てはまります。なかなか器械が出てこないでいつも医者をいらいらさせるOR tech, どうでも良いような事を午前4時にコールしてくるnurseがいると思えば、無言で手を出しても次の器械が出てくるOR tech, 適切にupdateしてくれるnurseもいます。結局のところ、professionalとしての個人の意識が重要なのだと思います。
[PR]
by ny402 | 2006-07-11 12:00 | medicine

512g

7月ですね。

子供にねだられて、NINTENDO DSを買いました。最近アメリカでも発売されたBrain Academyというソフトを入れて遊んでみます。脳年齢が出てくるのはBrain Ageという別のソフトです。Brain Academyはmemoryやcalculateなどの5項目をテストして、結果として脳の重さが出てきます。日本にもあるのでしょうか?いかにもアメリカ的な気がします。
さて、私が始めてやった時の脳重量が512g。 おいおい512gかよ。

ここで小児脳神経外科的考察。満期で生まれた正常児の頭蓋内容量がどれ位かご存知でしょうか?答えは、男児は平均900ml、女児は平均600ml。CSFがおよそ10%、血液がおよそ10%といわれているので脳の重さは男児が平均720g、女児が480g程度。15歳位までに成人容量に達します。2歳までに成人容量の75%程度、5歳までに90%程度に達します。
512gの私の脳はつまり、新生児程度ということでしょうか。
[PR]
by ny402 | 2006-07-05 08:00 | daily life



小児脳神経外科医が綴る日々雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
profile
名前:
Pedineuro (ny402)
職業:
Pediatric Neurosurgeon


Blogを引越しました。
旧Blogはこちらへ

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧