ある日の出来事

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

脊髄髄膜瘤

先週初め、脊髄髄膜瘤の児が生まれたので着てくれと大学から電話があり、翌日手術してきました。比較的小さな脊髄髄膜瘤で、術後経過も順調です。この何年かは、この手術をする人が不在で、児は他の病院に搬送されていたようです。オンマイヤレザバーも留置し、水頭症管理もしていますが、やはりシャントは必要そうです。

シカゴのDavid McLoneが脊髄髄膜瘤の閉鎖術を始めるまでは、脊髄髄膜瘤患児は感染症で亡くなっていました。McLoneが閉鎖術を始めたとき、人々は”お前は馬鹿か、どうせ助からないんだから、やっても無駄だ”といったそうです。しかし閉鎖術は成功を収め、現在では脊髄髄膜瘤を持って生まれても成人できるようになっています。これがわずか30年くらいの間の出来事です。そして、現在では出生前診断ができるようになりました。妊娠25週以前に診断がつくと、胎児手術がアメリカでは行われるようになりました。施行している2施設の成績では、短絡管設置を必要とする水頭症の発生率が半減し、キアリ奇形II型も有意に減少するといいます。なかなかの成績ですね。
[PR]
by ny402 | 2007-03-25 11:42 | medicine

若者たち

現在の病院では独自の研修プログラムを引き、毎年6人の研修医を受け入れています。今週、2年の研修を終える6人を含めた退職する医師の送別会が医局で開かれました。退職する人が順次挨拶するのですが、驚く事にその6人中4人が小児科医になるといいます。結構な高確率ですね。今の若い人はもっとQOLの高い科に行くのかと思っていましたが、必ずしもそうではない事が分かり驚愕の反面、うれしくも思いました。 残念ながら、脳神経外科医になる人はいないようですが。
また、後期研修医の先生は夜中1時、2時まで病院に残っています。我々の頃はまだそれが当たり前だったのですが、今でも研修医は病院に住む人という事なのでしょう。

アメリカにいた時、日本の研修医のニュースを聞くたびに今の若い人は、と思っていましたが実は必ずしもそうではないような気がしています。それよりもむしろ、システムを作ったり、運用したりする側に問題があるのでしょう。4月からまた学生を含めた若い人を育てる立場となります。若い人たちが目を輝かせながら仕事ができる環境を提供したいものです。
[PR]
by ny402 | 2007-03-17 11:04 | medicine



小児脳神経外科医が綴る日々雑感
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
profile
名前:
Pedineuro (ny402)
職業:
Pediatric Neurosurgeon


Blogを引越しました。
旧Blogはこちらへ

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧